対決映画ベストテン

当ブログでは2007年から「映画ベストテン」募集企画を毎年開催しており、2015年からは春と冬の二回開催として、好評をいただいております。 2007年:映画オールタイムベストテン 映画オールタイムベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 2008…

せんだい文学塾 2017年度スケジュール

2016年度の「せんだい文学塾」全日程も終了いたしました。この1年、ご参加いただいたみなさまに心より御礼申し上げます。 それでは、2017年度のスケジュールをこちらでも発表いたします。新年度も豪華講師陣をお迎えいたしますので、どうぞよろしく…

山形小説家・ライター講座 2017年度スケジュール

昨年は名称に関するトラブルにより、ネットでも話題になった「山形小説家・ライター講座」(今度から名称の正式表記はこうなりました)ですが、新たなバックアップ体制も整ったとのことで、2017年度もぶじ開催されることになりました。年間スケジュール…

3月の告知

さて、2016年度の締めくくりとなる、3月の「せんだい文学塾」「山形小説家講座」の告知をここで。 せんだい文学塾 3月25日(土)15時30分開場、16時〜18時開講 講師:小池昌代(作家・詩人、萩原朔太郎賞・泉鏡花文学賞受賞) ◆小池昌代(こ…

Sleep Now In The Fire

前回の更新から3週間も経ってしまいました。2005年以来、こんなにブログを書かなかったのは初めてのことですが、別に禁断症状が出るようなこともなく、毎日わりと楽しく過ごしております。 ブログを書かないで何をしているのかというと、基本的に寝てま…

2月の告知

さて、今月の「せんだい文学塾」と「山形小説家(ライター)講座」の告知をここで。 せんだい文学塾 2月25日(土)15時30分開場、16時〜18時開講 講師:中村文則(芥川賞・大江健三郎賞作家) ◆中村文則(なかむら・ふみのり)氏 1977年、愛…

2017年のUWF

柳澤健のプロレス史探訪シリーズ(オレが勝手にそう呼んでるだけ)最新作『1984年のUWF』を読みました。1984年のUWF作者: 柳澤健出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2017/01/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (19件) を見る1984年のUWF (文春e-book)作…

ワッシュ流カレー2017

ネット上には数多くのレシピ記事があり、いかなる料理にも賛否両論うず巻くのが定例であります。もっともシンプルな料理であるビーフステーキにも焼き方で数多くの宗派が存在し、それぞれのドグマをぶつけあう悲しいマラソンを続けております。あとすき焼き…

コマイぬよみ芝居「あの日からのみちのく怪談」

2016年7月30日(土)に、東松島市の蔵しっくパークにて初演された、コマイぬよみ芝居「あの日からのみちのく怪談」のもようが、劇団コマイぬの芝原弘さんの手によりYouTubeにアップされましたので、こちらでも紹介いたします。 コマイぬよみ芝居「あ…

必殺・炎上固め

ぼくはジブリ作品を一度も映画館で観たことがない。ソフトを買ったりレンタルしたりしたこともないので、テレビで放送したときにしか観ない。それもちゃんと観ると決めているわけでもない。要はそんなに観てないということだ。木根さんの1人でキネマ 2 (ヤン…

セクハラの本質

インフルエンザと診断されたため自宅に引きこもっていますが、こんなニュースを目にしては黙っておれねえんです。 男性警官:女性署員にプロレス技 滋賀県警、セクハラ調査 - 毎日新聞 滋賀県警長浜署の男性警官が、昨年11月に開かれた署内の懇親会で、2…

1984年のUWF

プロレスとは何か、という問いに答えが出ることはないだろうが、現代においてそれを考える人間として絶対に外せない資料が、柳澤健による一連の著作である。完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)作者: 柳澤健出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/03/10…

デルモンテ平山のゴミビデオ大全

毎日更新しなくなってから、睡眠時間も確保できるし毎日すごく気楽になりました。こうやって人間は楽な方へ楽な方へと堕落していくんだろうなぁ。いや毎日ブログを更新するのも社会人としての意識向上からほど遠い行動ではあるんだけれども。 そういえばぜん…

もし高橋良輔が桃太郎の予告を書いたら

最近また流行ってるので、小ネタだけどひとつ投下します。 当ブログでの、過去のシリーズはこちら。 もし大藪春彦が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし平山夢明が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし夢野久作が桃太郎を書いたら - 男の…

年頭のあいさつと今後の更新について

あけましておめでとうございます。まだ松の内なのでこのあいさつで大丈夫だと信じたい。 旧年中はご覧いただきまして、ありがとうございました。本年もよろしくお願いします。 とはいえ、本年からブログのスタイルをちょっと変えます。 2005年の1月から…

さらば2016年

平年は大晦日に書いているブログ納めエントリですが、今年は都合により12月29日に書きます。 思えば今年もいろんなことがありました。日本の芸能界では多くのゴシップが話題となり、海外ではロックミュージシャンの訃報が相次いだ印象がありますが、個人…

明治の精神

明治150年記念施策、方針決定 「明治の精神に学ぶ」:朝日新聞デジタル 明治元年から満150年の2018年にあわせた記念施策を検討する政府の関係府省庁連絡会議は26日、関連施策の「基本的な考え方」をまとめた。「明治以降の歩みを次世代に遺(の…

1月の告知

年末もだいぶ押し詰まってまいりましたが、年明けの小説家講座をここで告知いたします。 講師:三浦しをん(直木賞作家) 三浦しをん(みうら・しおん)氏 東京都生まれ。父は国文学者の三浦佑之。早稲田大学第一文学部卒。 2000年、書き下ろし長篇『格…

ガタガタ言うと買い替えるぞこの野郎

いま使っているパソコンも、買ってもう5年ほどになる。いまだwindows7だが、とくに不都合は感じていない。 とはいえさすがにガタは来ているようで、動画配信を見ていると動きがカクカクして見えるし、昨日あたりからは作動音(何の音かはよくわからない)が…

愛はブーメラン

台湾の高校生が、学園祭でナチスの扮装&段ボール製ティーガー戦車でのパレードを行い、イスラエルやドイツの交流団体(いずれも台湾を国家として承認しておらず、国交がないので、大使館にあたる機能を有する)が遺憾の意を表明・抗議するという事態になっ…

昭和プロレス正史

クリスマスイヴなので、人類愛について考える本を読んでいる。昭和プロレス正史 上巻作者: 斎藤文彦出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2016/11/11メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るプロレスこそが人類愛である、というテーゼが理…

大人の事情漫画『激マン!』

週刊漫画ゴラクで連載している、永井豪の自伝漫画『激マン!』は、取り上げる作品によって主人公が別人キャラになるという変則的な連作形式を取っています。激マン! 1 (ニチブンコミックス)作者: 永井豪,ダイナミック・プロ出版社/メーカー: 日本文芸社発売…

地域コーディネーター見本市

今日は(有)荒蝦夷からイベントのご案内をいただいたので、告知記事です(PR) 本日は東北学院大学地域共生推進機構からの情報をご案内いたします。 10月の連続講座「震災と文学」(同機構主催)に講師としていらした藻谷浩介さん(日本総合研究所主席研…

戦争映画ベストテン:順不同賞

では今日は、戦争映画ベストテンで5.5点を獲得した映画、すなわち「順不同で1人だけが投票した」作品をご紹介します。順位でいうと183位タイとなります。 デファイアンス キャッチ=22 チャイナ・ゲイト カーツーム バトル・オブ・プエブラ勇者たちの…

戦争映画ベストテン:1点映画特集

さて、本日は映画ベストテン企画恒例の「1点しか入りませんでした映画」をお届けします。順位でいえば298位タイとなります。 ミツバチのささやき トワイライト・ゾーン超次元の体験 ワンス・アンド・フォーエバー ゴジラVSキングギドラ バトルロワイアル…

戦争映画ベストテン・監督賞

では本日は、恒例の映画ベストテン・監督賞をお届けします。 1 位:スティーブン・スピルバーグ 291.0点 『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』『戦火の馬』『太陽の帝国』『1941』『リンカーン』シンドラーのリストメディア: Blu-rayこの商品を…

戦争映画ベストテン:結果発表

10月31日から12月10日まで募集した「戦争映画ベストテン」には、多数のご投票をいただき、ありがとうございました。 総勢102名のみなさまから、322本に及ぶ映画がリストアップされました。 今回も、破壊屋さん(http://hakaiya.hateblo.jp/)…

調べる技術・書く技術

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書)作者: 野村進出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/12/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る本日は、仙台文学館に野村進先生をお迎えした「せんだい文学塾」を受講しに行ってまいります。

門前払いの力学

5月に小金井市で、女性シンガーがストーカーの男に刺され一時意識不明の重体となった事件がありましたが、一命を取り留めた被害者が、警察の対応を批判する手記を発表しています。 刺傷事件で被害の女子大学生が手記 警察に不信感 | NHKニュース ことし5月…

1月の告知(第1弾)

まだ年内にも催し物が残っていますが、1月の告知をまずひとつ。 【東雅夫さんが仙台に!】 アンソロジスト・文芸評論家・怪談専門誌『幽』編集顧問の東雅夫さんを仙台にお招きします! 2017年1月20日(金)18:00〜19:30 東北学院大学地域共生推進機構連続講…